スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受けのいい日本食

これはあくまでも私の個人的な経験に基づいた意見ですので。

カレー:この料理がこんなに”好評”とは知りませんでした。カレーについては2つの忘れられない逸話があります。
私はアメリカ人女性から所謂”離れ”を10数年にわたって借りていました。離れには別のドアがあり、個別のキッチンもバスルームもあり、大変快適でした。
キッチンは大家さんの母屋の方のが大きかったのと、あまり料理をしない大家さんから『自由に使ってね』と許可をいただいていた事もあって、私は母屋で料理することの方が多かったのです。
ある日、カレーを作っていたら大家さんの息子さんで、近くの高校で英語教師をしているラリー君が遊びに来ました。
カレーを大量に作ったので、庭のベンチでギター弾いてたラリー君に
『これ良かったら食べて』『これは何?』不思議そうな顔のラリー君に
『日本のカレーだよ。インド人はカレーって言わないだろうけどね』と言ってあげました。

数分後、私が自分のカレーをさらに盛り付けようとしていると、背後に気配が。そうです、ラリー君が立っていたのです。『これ、すごく美味しかったんだけど、もう少しもらえる?』興味津々のラリーにレシピとルーがどこで買えるか教えてあげたのです。

数日後、私が友人と日系スーパーに立ち寄ったら見覚えるある白人男性がキョロキョロと何か探している。『ラリー?』
彼はカレーのルーを買いに来ていたのでした。

カレー2:大学院時代、カレーをランチとして持って行って休憩室でレンジで温めて食べようとしていた時、インド人の同級生が入ってきた。
『これ、何?』『カレー』『え?これは何?』『カレー』『(不思議そうに)どんな食べ物なの、これ?』ここでやっと気づいた(遅いよ)私『あ、ごめん、これは日本のカレー』
しげしげと”謎の物体”を見つめるインド人同級生。私は彼女が『これはカレーじゃないわ』とでも言うのかと思っていたら、意外な反応が。『ちょっと味見させてもらっていい?』「え?どうぞどうぞ』
そして私が予想した言葉『これ、私たちのカレーとはちょっと違うけど美味しいわ』

私はてっきり彼女が社交辞令で言ってくれていたのだと思っていたのですが、後日『レシピを教えてくれる?インドから家族が遊びに来るんだけど、あの日本のカレー作ってあげたいのよ』

嬉しくなった私はカレールーをあげました。彼女の家族もまさかアメリカで”日本のカレー”を食べるとは思ってなかったでしょうが、『私たちのとは違うけど、これはこれですごく美味しいわ』という感想だったようです。

次回はお好み焼き。これはある国の方々の大好物らしいです。さて、その国とは。(次回に続く)
IMG_2949.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

まる

Author:まる
院留学の後は帰国するか検討していたのですが、居ついてしまって早16年。一年中燦々と降り注ぐ太陽の下(四季がないんよねーこの街)仕事に勉強に遊びに(特に遊びと料理、食べ歩き)と日々精進(相撲取りかいな)の毎日です。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。