スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚というもの

先日、日本人の友人が、『私、家では一切日本食作らないの』と言っていた。確かに日本食材が豊富で手に入り易い南カリフォルニアではあるが、彼女は高校卒後すぐこっちに来たからそういう食生活なんだろうか?
30過ぎてから渡米した私の料理は90%が日本食なのですが、まあ、びっくりしたのと同時に『一体どんなものを作っているんだろう?』とちと『突撃隣の晩ごはん』ではありませんが、垣間見てみたくなりました。

渡米する前に壮行会を開いてくれた故郷の友人の中に20代前半で留学した子がいて、『米と味噌、醤油さえあればどこでも生きていける』と言っていたのですが、米も味噌もそして醤油も種類も豊富にある南カリフォルニアのこの環境には感謝しなくては。(因みにその友人は実家がかなり金持ちでニューヨークの高級アパートに住んでいながら、糠味噌つけたり、味噌作ったりしていたらしい。(ニューヨークも食材手に入るだろうけど手作り味噌はすごいわ)そして、究極は『博多ラーメン』がどうしても食べたくなって(今では博多の有名店がニューヨーク進出を果たしていますが、なんせだいぶ前の話です)スープから作ったらしい。豚の骨をチャイナタウンで入手して、スープを作っていたところ、お隣の上品な白人のおばあさまが『ねえ、なんか動物の匂いがしない?なぜかしら』と尋ねてきたのをしらばっくれたらしい。
そんな食への飽くなき探究心が、彼女を結構地元で有名な食育士さんにしたのでしょうね。

今日の夕食はハンバーグにしました。野菜もあったけど写真撮るの忘れたわ。

IMG_0624.jpg

デミグラスソース初めて作った割にはまあいけた。ギリギリ合格点かな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

まる

Author:まる
院留学の後は帰国するか検討していたのですが、居ついてしまって早16年。一年中燦々と降り注ぐ太陽の下(四季がないんよねーこの街)仕事に勉強に遊びに(特に遊びと料理、食べ歩き)と日々精進(相撲取りかいな)の毎日です。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。